13 Sep 2013

ドストエフスキーのペテルブルグ part 4 。「罪と罰」の舞台となった場所を私の散歩


私は『罪と罰』のクライマックスとなる事件が起こった建物に来ました。この建物にはラスコーリニコフの金貸しが住んでいました。彼はここで金貸しと彼女の妹を斧で殺しました。

Griboyedov Canal Embankment 104
 
中庭が開いている場合、喜んで、入ります




その後、運河に沿って歩いて行きました。
Griboyedov運河は何度も小説で言及されています。例えば、殺人後ラスコーリニコフはどのように斧を処分すればいいかと考えて、それを運河に投げようと思いました。

 土曜日だったが、チャネルに沿って走る通りはとても静かでした。


Bridge of Four Lions
サンクト・ペテルブルグには膨大な数のライオンの像があります。ライオンの流行は18世紀にここにイタリアから来たようです。当時に、ロシア建築家は古代の芸術を模倣していました。


この建物にはソーニャが住んでいたと信じられています。また、ここスヴィドリガイロフはソーニャとラスコーリニコフの話を盗聴しました。
その四階の建物はソーニャの家。Griboyedov Canal Embankment 73







私はこの上の写真をKokushkinという橋止まって撮りました。 建物の間にSennaya広場が少し見えます。前の投稿で書いた通り、それは小説の最初の文で言及された橋です。その文章を大まかに翻訳すると、「7月上旬に、非常に暑い夜に、ある若い男はS-m通りで借りた部屋を出て、考えが決まっていないかのように、ゆっくりK-nu橋へ行った」となります。
でも今、私はその男(主人公である人)が出た家へ行きます。
しかし、この前、ある建物側でしばらくの間止まりますここで『罪と罰』が書かれました。



ドストエフスキーの家です。

『罪と罰』がここで書かれたと書いてあります。



この家からの次の交差点にある建物にはドストエフスキーがラスコーリニコフを住まわせました

ラスコーリニコフが住んでいたと信じられている建物はこれです。 文学の主人公が住んでいた建物のうちではこれがもっとも有名なかもしれません。




「ラスコーリニコフの家」とプレート書いてあります。後の文のおよその意味は「ここに住んでいた人々の悲劇的な運命はドストエフスキーの人道主義の基礎となりました
私はその家を見ている時、いろいろと考えています。 建築的価値がない普通の建物は記念碑、
観光客やラスコーリニコフのファンの巡礼の/対象になりました。  ところで以前、この家の中庭と玄関にはラスコーリニコフのファンが集まりました。壁にいろいろな碑文が書かれたりしました。   「ロディオン(主人公の名前)、私達はあなたのやったことを続けるつもりだ」と壁に書いていました。住宅の住民はファンの集まりと建物の損壊をやめるように、家の中庭の入り口を閉めました。



では、『罪と罰』についてはこれで終わります。このブログで時々ドストエフスキーの話題に戻ったりすると思います。  多くの人々にとってドストエフスキーなしサンクトペテルブルグ考えられないもの
ですからね。 

 


                                                  ご清聴ありがとうございました。 



 もしよろしければ、ドストエフスキーのペテルブルグについてすべての投稿をここでご覧ください
ドストエフスキーのペテルブルグについてのすべての記事

No comments:

Post a Comment